縁起物で使われる鰹節の由来。

  • 2014年12月11日
  • ウェディング

20141211_01.jpg

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

神戸にございます結婚式場
THE MARCUS SQUARE KOBE
ウエディングプランナーの後藤でございます。

今日は縁起物でよく使われている鰹節の由来について
お話させていただきたいと思います。

結納や結婚式、内祝などでかつお節が贈り物として使われるのには
実はちゃんと理由があるのです。

1. かつお節は愛しあう二人の象徴です。

かつお節には、かつおの背中の部分からつくる『雄節(おぶし)』と
おなかの部分から作る『雌節(めぶし)』があります。
この2つをあわせると1対になります。
「新郎・新婦の二人が揃って一つの形をつくる」ということに結び付けられています。

2. おめでたい席には欠かせない模様・色

雄節と雌節を合せた形が亀の甲羅に似ていることや
表面の黒皮、肌の笹模様、先端の梅形の削り方が松竹梅に見立てられ
かつお節はおめでたい席には欠かせない贈り物となっています。

皆様もご参考にしていただけると幸いでございます。

20141211_02.jpg

THE MARCUS SQUARE KOBE
ウェディングプランナー 後藤 なつみ
〒650-0044
兵庫県神戸市中央区東川町1-3-5
ホテルクラウンパレス神戸内
TEL:078-367-1357

最近の記事

一覧を見る

新メニューのお知らせ@ハーバーカフェオールディダイニング

~披露宴会場【GRILL TABLE】~

~披露宴会場【GALLERY】~

9/23からの営業に関しまして

~披露宴会場【SUITE】~

アーカイブ

公式YouTubeチャンネル

THE MARCUS SQUARE KOBE

  • 会場サイトトップ
  • レストランサイト
  • ウェディングサイト
  • 宴会・会議サイト